はじめてのマイホーム購入

マイホームを買うことはほとんどの人が人生で1度の大きな買い物かと思います。
マイホームを購入した瞬間に、手持ちのお金はほぼ頭金に消え、株式、投信、銀行預金など分散しておこなっていた資産運用の割合のほとんどを不動産がほとんどを締めることになります。 住宅ローンを組むということは、お金を借りて不動産という商品で資産運用をしているのとまったく同じなのですが、そういう認識を持つユーザーは多くありません。  実際問題、住宅ローンの場合は資産運用ではなく、居住を確保するための家賃の代わりと考えれば、純粋な資産運用と並列にはできません。

住宅を購入する上でのリスクを考えてみましょう。
・ 仲介手数料が高い。
仲介手数料の相場は、3%が相場ですが、住宅を買う時と売る時と それぞれ手数料がかかりますので、また新たに住宅を購入するとなった際は、6%の仲介手数料がかかることになります。
・ 売りたいときに売れない
不動産を売る場合は、買い手が現れるのを待つしかありません。他の資産運用商材と 比較し、売りにくい商材になりますので、売りたいときに売れないという点が大きなリスクになります。
不動産を資産運用として考えるとデメリットが大きくなりますが、住処を得るという大前提がありますので、そこは個人の価値観によって見方は変わりますね。